二次会で利用する景品の選び方と会費の後払い

結婚式や忘年会、新年会などの飲み会では、人数分の席を用意できるお店を
探したり、予約を入れたり、と幹事は大忙しです。

それだけでも大変な仕事ですが、他にも二次会などで行うゲームの景品を
準備しなければなりません。

準備

幹事が立て替える必要はありませんが、二次会となると話は別です。

当日まで参加する人が分かりませんので、景品代は幹事が立て替える
ことになります。

何十人と参加人数のいる宴会では、豪華な品を準備する方が盛り上がり
ますので、立て替える額も大きくなり、負担が増します。

このような幹事の悩みを解消するには、後払いOKのお店を選ぶのが賢明です。

当日会費を集めてから支払えますので立て替える必要はありません。

会費

また、こういったサービスは、宴会での幹事向けですので他にも気の利いた
サービスを提供しています。

例えば当日大きな荷物を持ち歩く必要がないよう、景品は目録に
なっているなどです。

夢のある忘年会景品”宝くじ”

数ある宴会の中でも、忘年会には特に力が入るという職場や団体は多いのでは
ないでしょうか。

そんな忘年会の景品は、参加者の期待値もけっこう高いもの。

景品は、実用品や金券など、手堅いものが喜ばれますがそればかりでも面白く
ないですし、かといって、ふざけすぎてもブーイングが起こってしまいます。

このように、意外とセンスが問われる忘年会景品選び。
どうしよう…と悩む幹事さんがいらっしゃったら、ぜひおすすめしたい
景品があります。

忘年会

それは、「宝くじ」です。

年末ジャンボは、ちょうど発売時期が忘年会シーズンと重なりますし、
当たれば一攫千金です。

当選日までのドキドキ感もありますし、宴会の場を華やかにしてくれるという
嬉しい効果も期待できます。

できれば、バラでなく連番で購入し、高額当選に夢を託すというのが、
忘年会景品にするには良い飼い方ではないでしょうか。

スクラッチくじなら、その場で削って結果がわかるので参加者みんなで
盛り上がりながら楽しむことができます。

盛り上がる

また、年明けの話題作りにも一役買ってくれるでしょう。
新年会で結果報告コーナーを設けるのも楽しいかもしれません。

このように「宝くじ」は、一年を締めくくる忘年会景品として
ふさわしいアイテムです。